猫と旅する

旅は道づれ 猫も道づれ

  1. ネコとの旅に大切な10のコト
  2. いつも一緒!全国を「旅猫」する!!
  3. 猫と一緒にキャンプ!

一緒に楽しみたい!ネコとの旅に大切な10のコト

快適に過ごす

飼い主も猫も快適に旅に出たいはず。遠くに旅に出るのなら、移動中の車の中で休めるベッドや普段使っているカゴの中にも敷物を敷いてあげるなどしてなるべく普段と変わらなく休めるように工夫をしてあげましょう。

     リードは絶対に必要

家族の一員である猫を自由にさせたいという思いは、飼い主の勝手な思い。元々、猫は自由に居たいもの。だけど、普段過ごしている家の中とは違う環境で外は危険がいっぱい。犬と違って猫の行動は予測できないものがあります。大きな音にびっくりして突然走り出してしまうことも。そんなことにならないように普段からリードに慣れさせていくと良いでしょう。

     お水と食べ物の量

普段のお水の量では十分ではありません。特に、暑い時期になるとお水は欠かせなくなります。人と違って猫や犬は口が聞けません。ましてや、「お水頂戴!」なんてことも言えません。お出かけ時のお水の量は多いくらい用意してあげましょう。また、食べ物の量は普段と変わらなくて良いでしょう。運動量が多いからといって余分にあげると後でダイエットをさせる羽目になるかも?!

     陽射し・気温に注意しよう

車の中で待たせる時や散歩時の強い陽射しや気温に注意を払いましょう。熱くなったアスファルトは猫の肉球には過酷です。犬のように靴下を履けば良いのですが、猫に靴下は難しい。そんなときは、照りつける陽射しの中を歩かせない。UVの服を着せてても無理をさせないのが一番です。

     ノミ対策に服も活用しよう

自然が広がる公園や草むらは猫にとっては楽園!どうしても探検をしたいはず。でも、外にはダニやノミがそこらじゅうにいることを忘れずに。ノミ薬をするなどして必ず対策してください。あと、服などを着せる対策も。虫除けや暑さ対策にもなりますので、事前に準備を。

     人混みは疲れます

人混みは人間でも疲れます。ましてや、猫の目線は人の足元。猫に気付かずに止まらず歩いてくる人もいるかも?!猫は人の足元の間を抜けて歩かなければなりません。そんな人混みの中を歩かせるのはやめましょう。混みあわない場所を選んであげるのも飼い主の務めです。危険が及ばないような場所で楽しく散歩させてあげましょう。

     驚かせない!怖がらせない!

猫の聴覚は人の8倍と云われています。大きな音がする場所に連れて行かないでください。あまりの大きな音に猫もびっくりしたり怖がったりします。人でも耳の近くでの大音響は耐え難いもの。猫の聴覚をきちんと理解したうえで行動しましょう。

     ペットOKの場所を探しましょう

お出かけの時、必ずしもペットOKの場所があるとは限りません。ですが、全くダメなのは猫も可哀想ですよね。猫も飼い主と一緒に居たいはず。全てとはいかないにしても少しはペットOKの場所で休憩させるなり、遊ぶことができるような場所を見つけてあげましょう。そうすると、猫もお出かけが楽しくなるかも?!

     待っている時は?

飼い主がいないとき、車の中で待たせている時や飲食、お風呂に入っているときなど。どんな風に工夫していますか?車の中にベッドやシーツを敷くなどして快適にするのは勿論のこと、外にいる時は、ゲージに入れるなどして危険が及ばないようにしましょう。使い慣れた自分の匂いがするゲージなら安心できます。ただ、長い時間は避けてくださいね。

     日帰り?それともペット可のお宿?

可愛い家族の一員だからペットOKの宿を取るのも良いと思います。ただ、人によって考え方は色々。猫は群れで過ごす動物ではありません。飼い主の匂いなら安心するけど、他の動物の匂いにはかなり敏感。ペットOKなお宿が必ずしも良いとは限りません。匂いが気になる子なら思い切って日帰りでのお出かけを考えるのも大切なことです。

可愛いペットとお出かけするには様々なことに注意をしなければなりません。でも、事前に準備をしておけば人も猫も快適に楽しく過ごせるはずです。まずは、慣れさせることが一番!少しずつリードや散歩に挑戦してみましょう。これで、貴方の飼い猫も「旅猫」になれるかも?!

 

 

 

全国津々浦々 猫と旅する

「旅猫」ブログでお馴染みの縞ちゃんは毎年、飼い主と一緒に全国各地に赴きます。仕事の合間を見つけては猫との旅を愉しむ。まだ、目が見えない時に保護された縞ちゃんはすくすくと元気に育ち、生後1か月半くらいで車に乗せ外の景色を見せてあげたりと・・・散歩とまではいかないにしても外に出しても怖くないように慣れさせました。その甲斐あってか、飼い主と一緒に旅を愉しむようになり今では、立派な「旅猫」となりました。

私たちの旅は猫優先の旅となり、猫が楽しめる場所や散歩できる場所も日程の中に入れるなどして大切な家族の一員だからこそ一緒に楽しみたい!をモットーに「旅猫」を続けてきました。旅猫を続ける「縞家」は今日も旅に出かけてきます!


「旅猫」ブログ        絶賛公開中!

YOUTUBE「みる旅」   旅猫動画も公開中

たびねす           旅行記事を書いてます

たびねす(縞家の記事)    縞家の記事掲載はこちらです


 

 

猫だってキャンプに参加できる!

飼い主とキャンプができるのはワンちゃんだけだと思っていませんか?猫だって一緒にキャンプを楽しめるんです!元々、猫が野生の頃は外で生活していたのですから。猫が外で散歩できないとか、家にいるものというのは人間が勝手に決めつけたもの。自然の中で匂いを嗅いだり、散歩したり青空の下でゴロンと寝ころぶのは猫にとって至福のひとときでしょう。さぁ!猫と一緒にキャンプを楽しんじゃおう!!

猫だって・・・テント張りができるのでしょうか?

飼い主と一緒に手伝いたい気持ちだけ!はきっと、あるんでしょうね。(^^)

ほらっ!一緒にテント張りだってできるにゃ!

あと、もう少しヒモをこっちにくれにゃね・・・・。

届かないにゃよ!!

 

夕方、陽が沈む頃になると廻りでは

火を囲み、BBQの匂いや楽しそうな

笑い声が聞こえてきますね。

いつもと違う団欒を楽しみましょう。

くんくん・・あっちこっちのテントから

美味しそうな匂いが流れてくるにゃね

縞もお腹が空いてきたにゃよ。

 

 

日中の陽射しは汗をかかない猫に

とってはキツイもの。

涼める快適な場所があれば人も猫も

一緒に休みましょう。

ちょっと休憩にゃね・・・・。

ここが一番涼しいにゃ。

おやつ出してくれてもいいにゃよ?

 

 

キャンプは多くの人が楽しみに来る。

珍しい猫キャンパーに皆、興味津々。

触れ合うときは、やさしくね・・・。

午後の井戸端会議にゃ・・・。

キャンプご飯について話合うにゃよ。

外ではおやつ倍増も・・・・

忘れちゃダメにゃね!

 

 

自然の中のキャンプは楽しい反面

危険もいっぱい!

虫が付かないように・・・

変なものを食べないように

気を付けて見守りましょう。

向こうに何かあるにゃね・・・

虫か・・・はたまた おやつか・・・

 

 

猫の朝は早いから飼い主も早起きして

普段と違う景色を猫と一緒に

思いっきり楽しみましょう。

 

朝の散歩は欠かせないにゃね。

まだまだ、遊ぶにゃよ。

 

猫は肉球が濡れるのは嫌がるもの。

そんな時は、無理せず抱きかかえて

散歩を続けてみるのはいかが?

高い目線の散歩も猫にとっては

違った景色を見るのも楽しいかも!

 

楽ちんにゃ~♪

 

 

 

 

PAGE TOP